ネオプラネット



このネオプラネット、出た当初(2002年)は、
4号機のAT機全盛時代でそれほど魅力を感じることもなかったですが
今にして思えばほんとによく出来た山佐らしい機種でした。
2002年にリリースされたわけですがあれから6年も経つのですね〜

山佐公式サイトより引用------
全国のパチスロ設置数が20万台にも満たなかった1985年。
大量リーチ目と画期的なゲーム性でデビューした1号機「プラネット」。
同時期に発売されたパルサーXXとともに、
「揃うか揃わないか」だけだったパチスロの世界に
「出現した出目を楽しむ」という新しい面白さを提案しました。

そして3号機時代の1990年。
スープラの愛称で親しまれ、一躍、山佐スロットの全国的な人気を確立した
記念すべき機種「スーパープラネット」が登場。
究極の域に達した大量リーチ目による秀逸なゲーム性と、
ビッグボーナス後に必ず訪れるフルーツゲームという
大胆な出玉性能で、多くのファンを魅了しました。

あれから12年・・・
ついに「プラネット」の名に値するマシンが完成しました。
時代をリードする斬新さ、アミューズメントとしての完成度、
Aタイプの頂点を極めるために誕生したマシン、
それが「ネオプラネット」。

今世紀のパチスロ史に名前を刻む、新しい王者の登場です。
--------

2008/02/28

プレイボーイX

プレイボーイX

山佐のパチスロ、プレイボーイXは、前作プレイボーイの
マイナーチェンジ版です。

今作では、設定が4段階から6段階になり、
ボーナス確率に変更が加えられています。(機械割りアップ)

パチスロ プレイボーイX ボーナス確率

BB確率 RB確率 合成確率 出玉率
設定1 1/346.7 1/595.7 1/219.1 96.9%
設定2 1/332.6 1/564.9 1/209.3 99.1%
設定3 1/318.1 1/524.2 1/197.9 101.5%
設定4 1/306.2 1/500.2 1/189.9 103.5%
設定5 1/299.2 1/448.8 1/179.5 106.1%
設定6 1/270.8 1/404.5 1/162.2 112.0%

BIGの純増枚数は約310枚
RBの純増枚数は約207枚(前作は、159枚)

前作がBIG終了後のみついていた20GのRTが
プレイボーイXでは、両ボーナス後に20GのRTがつきました。
小役確率、払い出し枚数などにも変更が加えられ
内部的には、単なるマイナーチェンジというよりは、
別の機種といえるかもしれません。

どの程度の設置が見込まれるかは、わかりませんが
コアなファンを持つプレイボーイだけに、息の長い機種になりそうです。

パチスロ キン肉マン

パチスロ キン肉マン 予告編

山佐の新台「パチスロ キン肉マン」の
予告編がアップされていたので掲載します。 
発売は、まだ先のようですが話題性は充分ですね。

パチスロ 山佐 キン肉マン 予告編

パチスロ 山佐 キン肉マン 予告編2

詳細は→ http://www1.yamasa.co.jp/knm/

山佐のメーカー考察

山佐は、パチスロメーカーの中でも老舗の部類、名門といえるでしょう。

土星をモチーフにした、プラネットの絵柄やニューパルサーシリーズの
カエル絵柄など、大人気のオリジナルキャラクターを多数抱える
コンテンツホルダーでもあります。

しかし、最近の山佐の機種を見てみると
非常にタイアップものが多いことに気付きます。

4号機から
鉄拳(バンダイナムコ) 
祭の達人(バンダイナムコ)
ダブルバービッグウェーブ(三洋、海物語)

5号機に入ると
プレイボーイ(アメリカの雑誌?)
戦国無双(コーエー)
機動戦士ガンダム
そして今後、「キン肉マン」なども控えています。

こういったタイアップ主体の機種開発の背景には
オリジナルキャラクターを使用した機種の不発が原因かもしれません。
パチスロメーカーであるアルゼにも同じことが言えるのですが
最近は機種寿命が短いこともあり「認知度の高いキャラクターを
使用し話題性だけで、とりえず数だけさばく」というような
機種の売り方が横行しているように思えます。
山佐の場合、アルゼよりもそのあたりの立ち回りがうまく
機種自体も作り込まれているので、それほど安易な印象はないのですが
もっとオリジナルキャラを大事に使ったパチスロ機を
見てみたい気がします。
山佐のオリジナルキャラを使用した名機をいくつか挙げてみます。

ビッグパルサー スイカに目玉がついたキャラは地味ながら
とても完成度の高いキャラです。

●スーパープラネット
これも7絵柄が「マ」に見える。とても個性のある、山佐を象徴する
絵柄ではないでしょうか。ボーナス後のフルーツゲームもRTを使って
再現出来そうです。機種名の通り土星図柄が印象的でした。

スーパープラネット


●ホールインワン
集中役を搭載した山佐の意欲作でした。
この機種は、それほどヒットしなかったまでも、
山佐のオーラを感じさせる佇まいがありました。

ホールインワン

企業を維持するために妥協しなくてはいけない部分があるのは
充分わかりますが、目先の売上に左右されずに
パチスロのホントの楽しさをおしえてくれるような機種が
出ることを期待します。

・・・というか、タイアップものは、いい加減飽きました(笑

パチスロ戦国無双 公式PV



パチスロ 2007年リリース

無限戦国ラッシュ昇格率

本日は、夕方からホールをブラブラしていたら、戦国無双コーナーで
無限戦国ラッシュ中(慶次)の、お兄さんがミニパンフを見ながら
消化中。 
まさかな〜? ・・・と思い何気なく見ていると。

赤いカサで、赤7目押し。。。

当然、無限戦国RUSHは、パンク。。。

考えて見れば、無限戦国RUSHのように出玉率にモロに影響の出る
技術介入(パンク回避)は、もっとハッキリとわかるように
台のどこかに明記すべきでは?などと思ってしまいました。

知らないで打ったら、あまりに悲惨なことになってしまいますよね。

しかし、この「お兄さん」山盛り1箱持っていたので
余程引きが強いのか、高設定なんだろうな〜などと思い
通り過ぎようとすると、RTパンク直後に下皿からコインを
箱に移し始めました・・・ 
「これは!」と思い、
台の確保態勢に入りあっさり確保出来ました^^
(BIG14 REG10で約4000回転)

打ち出すこと、数ゲームで

中段10枚役揃い・・・

BIGでしかも、無双ゲージフル!(幸村、2択4/4、ベル1)

これは、来たか?と思い戦国RUSHを消化していると
あっけなく、数回目のナビで2択大砲出現。。。
これは、なんとかしのぎ継続していると
ナビは、ちゃんと発生してくれるのですが
打てども打てども、無限に昇格せず、結局250G位で
BGが入り、信長に負けて終了。

時間が8時過ぎということもあり、ヤル気が無くなり
コインを500枚程度流すと、すかさず別の客が座り
コイン計数中に、目の前でBIGひかれました(TT)

無限戦国RUSHへの昇格率のテーブルは、憶えるには
細かすぎて・・・ 
皆さん頭に入れてるんですかね〜 気になります。

戦国無双は、演出やサウンドがカッコよすぎて
ついつい、打ってしまう機種ですね。
BIG中も、気を抜くヒマが無い点も最高ですね!

一度でいいから7000枚位出してみたい!


ゲームでもやってみようかな〜



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。