ガンダム、最近の動向

かなり前評判がよかった「パチスロ ガンダム」ですがホールでの状況を見ると

今一歩「盛り上がりに欠ける」ような気がします。

なぜなのでしょうか? パチスロ史上初?となる、サイドレバーまで搭載し

機動戦士ガンダムとの超大型タイアップ機がなぜ、盛り上がりに欠けるのか?

5号機パチスロの出玉に関する規則のせいなのか?

私は、まだ2回ほどしか打っていないので、細部はわかりませんが

「演出にメリハリが欠ける」ような気がします。



ヤマサの液晶機というと、機種ごとにかなりカラーが変わってきていたような気がします。

ナムコと提携した部分と、キュロゴスやトリガーゾーンなど自社開発?した部分が

混ざっていることで、「これが山佐の液晶!」という個性が見えてこないような気がします。

そして、ガンダムは原作を忠実に再現していることで、ガンダムファンには受け入れられる要素を

持っているのですが、肝心の山佐ファンに受け入れられる要素が足りなかったような

気がするのです。


まだまだこれから設置も伸びるでしょうから、また違った動きも見えてくるかもしれませが・・・

機動戦士ガンダム

パチスロ 機動戦士ガンダム

既にホールで元気に稼動中の、パチスロ機動戦士ガンダムですが

皆さんもう打ちましたか?


パチスロ機動戦士ガンダム
※クリックすると巨大化します。(カッコいいですよ〜)

ホールでの稼動状況を見ると、かなり人気がありますね!

BIGでの獲得枚数を若干落として、ボーナス確率をアップさせている

確率設計がうまくいっているのでしょうか、あまりハマルイメージが

少なく、コンスタントに当るので遊べるイメージがあるのでしょう。

高設定域では、BIG40回オーバーなども見受けられるため

高設定域のBIG確率は、1/240前後かと思われます。


リール制御も、液晶を活かす作りで最後まで液晶演出を楽しめます。

そしてこのパチスロ機動戦士ガンダムのもう一つの特徴である「リール」

サミーやアルゼなどの、ミニリール(実際は本リール)よりは大きく

一般的な、機種のリールよりは若干コンパクトに設計されたリールが

丁度良い感じです。 

アルゼ系のミニリール(青ドンなど)は、個人的に小さすぎる気がしていたので

この山佐の新筐体のリールは実に丁度良い感じで、打っていてしっくり馴染みます。



このパチスロ機動戦士ガンダム、まだあまり打ち込んでいないので何ともいえませんが

欲を言えば、液晶演出にもう少しダイナミックな動きがあれば・・・ という気がしました。

ちょっと、おとなしいかな?と・・・

奥深いゲーム性を持つ山佐の機種なので多分、打ち込めば味のでる機種に仕上がっているとは

思うのですが。 

出玉面でも、RT内で10連近くしている台も見かけたので

結構な爆発力を備えているものと思われます。

このパチスロ機動戦士ガンダムも、もちろん楽しみな機種ではありますが

このタイプの新筐体を使用した山佐の新台・・・  楽しみですね!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。